ブランドシンボル

Nikon

ニコンは時代のニーズに対応したニコンブランドの構築を目指し、2003 年に現在のブランドシンボルを制定しました。未知の可能性を「連続した光」によって表現したグラフィックエレメント、そしてイエローは「広がり」「情熱」、ブラックは「信頼性」「高品質」をそれぞれ表しています。ブランドシンボルをグループ各社の企業ロゴマークや商品パッケージ、ならびに広告・ホームページなどコミュニケーションツールに使用することで、広くニコンブランドに対する理解の促進を図っていきます。

画像
画像
画像

ブランドシンボルの変遷

創業期

日本光学工業の創業期から社用箋に使用されたブランドシンボル。

画像

1930年代

レンズをイメージしたブランドシンボル。

画像

1949

カタログや英文社用箋等に使用。

画像

1968

亀倉雄策氏のデザイン。通称「トラックニコン」「トラックマーク」などと呼ばれていた。

画像

1988

ニコンへの社名変更時に、ブルーを取り入れた新しいブランドシンボルを採用。

画像

2003

現在のブランドシンボルへ。

画像