経営方針

画像
代表取締役兼社長執行役員
鹿野 欽也

進化し続ける宮城ニコンプレシジョン

宮城ニコンプレシジョンは、緑豊かな蔵王山麓の宮城県蔵王町に位置する本社のほか、角田市、大河原町に2つの事業所を構え、ニコンの精機事業製品(FPD露光装置)の開発・設計・生産を主に担当しています。弊社の大規模クリーンルームで生産する最先端のFPD露光装置は、世界のディスプレイ産業に貢献している重要な製品で、常に新しい技術へのチャレンジが求められています。
地域に根差す企業として、人材の育成、技能・技術の伝承に熱意をもって取り組み、従業員一人一人が、明るくイキイキと働きがいをもって勤務し、ニコン製品の高い品質を支える「ものづくり」になお一層の磨きをかけてまいります。
また、CSRを重視した企業活動により、社会への貢献、地域への貢献など、皆様の期待に応えるための努力、研鑽を重ねてまいります。

宮城ニコンプレシジョンの取り組み

品質方針

当社は、品質マネジメントシステムを国際規格ISO9001に適合させています。

環境方針

環境汚染の防止と資源の有効活用に取り組み、環境マネジメントシステムを国際規格ISO14001に適合させています。